メカニカルキーボードはキースイッチ一つ一つが独立しているタイプであり、通常のキーボードと比べると費用が高くなりますので、自分にとって最適な機器を選びましょう。

メカニカルキーボードは、赤軸や青軸や茶軸という種類がありますので、キーボードを選ぶ際の参考にすると良いでしょう。

赤軸はソフトタッチでタイピングできるという特徴があり、手が疲れにくくて打鍵音が小さいためオフィスなどでの使用にオススメですよ。

青軸は打鍵音が大きいという特徴があり、キーが重めで押し上げ圧があるため打ち心地が良くて、タイピングしているという実感が一番感じられるのです。

茶軸は赤軸と青軸の中間の特徴があるため、メカニカルキーボードの購入を検討している初心者さんは茶軸を選ぶと良いでしょう。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA